リゾート開発が進むセブ島の今後の伸びしろと注目のホテル・コンドミニアム事業

マニラの情報をたくさん取り上げていますが、今回は少し視野を広げてセブ島について取り上げていきます。

というのも、セブ島はとても伸びしろがあり今後の発展に目を見張るものがあるのです。

今回はそんなセブ島の

  • 日本でセブ島が有名な理由
  • セブ島の観光客数
  • 今後のセブ島の伸びしろ

について紹介をしていきます。

日本でセブ島が有名な理由

そもそもセブ島がフィリピンの国の中の島の一つということを知ってる人が実は少ないです。

というのも日本ではフィリピンに対する印象の悪さから、電通といった広告業界や旅行業界などが手を組み”セブ島”というブランドを作り出して、セブを売り出していきました。

その結果、TV番組の番組欄や旅行代理店などのパンフレットでもセブ島を紹介する時は”フィリピン”という文字よりも”セブ島”という文字で大々的に紹介されます。

なので日本では「セブ島に行ってくる」と知人に言うと

いいね!リゾートだよね。行ってみたい。

と言う反応もらえたりするのですが、「フィリピンに行ってくる」と言うと

そんなところを危ないよ。やめときなよ。

という反応にうって変わったりもします。

それだけ広告業界や旅行業界が作り出した印象は影響力が強いということも伺えます。

ですが、近年は治安問題の改善やGDPの上昇率、明るい国民性などいろんな観点からフィリピンの魅力が多くの人に伝わり、「フィリピン=危ない」という印象が少しずつ少なくなってきています。

セブ島の観光客数

日本で大々的にリゾートとして売り出されているセブ島は日本ではかなり有名です。

少し視点を変えて、世界的に見るとどうなのでしょうか?

2019年9月に発表されたマスターカードの世界の観光客数ランキングではタイ王国が第一位。

  1. バンコク(タイ):2,278万人
  2. パリ(フランス):1,910万人
  3. ロンドン(英国):1,909万人
  4. ドバイ(アラブ首長国連邦):1,593万人
  5. シンガポール:1,467万人
  6. クアラルンプール(マレーシア):1,379万人
  7. ニューヨーク(米国):1,360万人
  8. イスタンブール(トルコ):1,340万人
  9. 東京(日本):1,293万人
  10. アンタルヤ(トルコ):1,241万人
  11. ソウル(韓国):1,125万人
  12. 大阪(日本):1,014万人
  13. メッカ(サウジアラビア):1,000万人
  14. プーケット(タイ):989万人
  15. パタヤ(タイ):944万人
  16. ミラノ(イタリア):910万人
  17. バルセロナ(スペイン):909万人
  18. パルマ・デ・マヨルカ(スペイン):896万人
  19. バリ(インドネシア):826万人
  20. 香港:823万人

タイ(バンコク)がダントツで人気という結果になっていました。

このランキングで見る限りプーケットやバリなど有名な観光地がある中で、フィリピン・セブはまだトップ20には入っていません。ということはセブ島観光地として世界的に見るとまだまだ有名ではありません。

アジアのリゾート地の観光客数で比較すると、少し前のデータになってしまうのですが、

  • タイ・プーケット:840万人
  • インドネシア・バリ:650万人
  • フィリピン・セブ:560万人

となっています。

フィリピンに来るの国別観光客数ランキングでは

  1. 韓国
  2. 中国
  3. アメリカ
  4. 日本
  5. オーストラリア

となっています。

こうしてみてみると、ヨーロッパ圏からの観光客はまだまだ取りこぼしがあるような状態です。

そんなフィリピンの観光客数は年々上昇しており、2018年は日本からは前年比8.15%増、63万人を記録。フィリピンへの観光客700万人を突破しました。

2019年前期にはそれを上回るペースで観光客数が増加しているという発表もありました。

今、フィリピンは圧倒的に観光国家として生まれ変わろうとしています。

観光国家フィリピンへ

フィリピンにはもともと観光資源がとてもたくさんあります。

  • 綺麗なビーチ
  • エメラルドグリーンの海
  • 広がる珊瑚礁
  • リラックスできる空間
  • 安く受けられるサービス

フィリピンにはありとあらゆる魅力的な観光スポットがたくさんあるのです。

とりわけセブは観光地化が進んでいて、その魅力をギュッと一つに閉じ込めつつ、人々は観光客にウェルカムで外国人にもやさしい街になっています。

インフラ整備計画もどんどん進んでおり、今後モノレールを走らせる計画も発表されています。

新しい綺麗なコンドミニアムやホテルが建設。近年では東横インも進出しています。

そんなのびしろ溢れるセブ島に新しい事業計画があります。

次回はこの新しいセブ島のコンドミニアム犬ホテルの計画を紹介していこうと思います。お楽しみに!

伸びしろの国、フィリピン

これから伸びる国に投資をするのは、国の動向により一層敏感になり一緒に成長するような感覚です。

フィリピンの不動産投資で大事なのは目利きと不動産を世話してくれる業者選び。

そういう部分をしっかりとお手伝いしているのがHalloHalloHomeです。

フィリピンの不動産に精通し、「売って、テナントも見つけて、管理もしてくれる」というものを実現しています。

売ったものを管理までするのだからお客様の損になってしまうような物件は販売したくないと考えています。

私達は「売ってオシマイ」ではなく「売ってからが始まり」だと、お客様と同じ目線で考えています。

フィリピンでの投資は日本から行うとなると、様々な障壁があります。

言葉の壁、法律の壁、土地勘のなさなど。

そんなフィリピンの投資事情に精通したハロハロホームなら厳選な審査を通過した優良なフィリピンの投資情報、不動産情報を多数保有しています。当然、様々な案件からの比較検討も可能です。

「フィリピンのコンドミニアムを買いたい・売りたい」
「フィリピンでの不動産がほしい」
「フィリピン株をやってみたいけど何から始めていいのかわからない」

というような、様々なフィリピン投資におけるご質問・ご相談を承っています。

HalloHalloHome

詳細は会社のサイトに記載があるので覗いてみてくださいね。

URLはこちら(http://www.hallohallohome.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました